読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライしてみない?

日々のほんのなにげないトライをありのままに・・・・

親友の矢野が入院した、見舞いに行かなきゃ!え、亡くなった~うそ~~!

f:id:suzuki3183:20161024235148j:plain

 

前回にも登場した

大食いの矢野

す~さんの

一番の親友

 

どんぶり飯3杯は軽く食べちゃう!!

 

だった・・・・・・

 

御影から

大石の一軒家へ引っ越しした始まった

合宿所のような下宿

 

1階に2人

2階に3人の神戸大学生が下宿していた

 

最初す~さんが越してきたとき

一階に同級生に倉本

二回に経済学部の4回生一人

文学部の3回生が二人すんでいた

 

いつの日からか

2階は

クラスの同級生ばかりになってしまった

 

森松と高橋は自動車部だったので

顔を出しはじめたのが

 

矢野

 

お蕎麦やでバイトしながら

何だか知らないがいつも下宿にいる

 

家に帰るのは着替えに帰る時だけ

そんな生活が続いたある日

 

おまえ

なんで家に帰らないんだ?

ってきいたら

ここの方が楽しいし面白いもんって

いっていた

 

す~さンなりにいろいろ考えたけど

まいっか

とあまり深くは聞かなかった

 

いろいろあるんやろ

 

楽しかったんだろうなと・・・・

 

とにかく馬がよく合い

こいつとは一生このまま付き合うんだろうなと

思っていた

 

大学卒業し

矢野は伊那製陶へ

す~さんはユニ・チャームへ離れ離れに

 

名古屋と大阪に離れ離れになったけど

よく大阪のす~さんの自宅へ遊びに来ていた

 

そのころは大阪の茨木

171が二股に分かれるところのマンションに住んでいた

藤の里っていっていた

万博公園も近かった

 

子供にお土産って

買ってくれたり

 

携帯もない時代だから

随分とゆっくりした付き合い方だったけど

離れて暮らしていても

顔を合わすと

すぐに学生時代の

仲間にもどる

 

あるひ

風の便りに入院したと

それも成田の病院

 

お見舞い行かなきゃということで

友達数人と行くことになった

 

幸い

義兄が松戸に住んでいたので

6人くらいでと泊めてもらい

成田までいった

 

元気そうだったので安心

当時は胃潰瘍なんて聞いていたから

なんや大したことないやんと

大騒ぎして帰ってきた

 

数か月して

また

風の便りで

神戸の病院に転院したと・・・・

f:id:suzuki3183:20161024234124p:plain

     <右側が矢野 左が 高橋>

 

ユニ・チャームの仕事もいろいろと

忙しくなってきて

ついつい

そのままになっていたのだけど

 

突然

見舞いに行かなきゃ!

神戸の病院に一人で見舞いに行ってきた

 

がっしりしていた

あの矢野が

ベッドで寝ていた

起き上がれないと・・・・・

 

見舞いに行く前の日に

ベッドから落ちて

少し容体が悪化したようだ

 

ほんとの病人!

ちょっと愕然として

病気の原因も聞きさびれてしまった

 

尋常じゃないなと・・・・・

 

力なく笑いながら色々と話をしたのは覚えている

 

またくるわ!

 

という一言が

最後の別れの言葉になった

 

1週間後

お客様の代理店いると時に家に電話するようにと連絡

 

なんだろうと

電話したら

矢野が亡くなったと・・・・・

 

その後どうやって家に帰ったか記憶にない

 

人間って

簡単に死んじゃうんだな~と

その時得意先で大泣きしたのを覚えている

 

あの時やのがよんだんだろうな~~きっと!

 

お後にも先にも人前で泣いたのは初めてだった

 

親父やおふくろが亡くなった時も

涙は出なかった

 

今でも

ふっと後ろ振り向いたら

あの

ひとなつっこい

笑顔の矢野が

 

おす~~

なんて言いそうな気がする

 

いつまでも僕の心の中で成長し続けているから

 

矢野にはいつまでもかなわない!

 

65年の人生のうちの

ほんの4,5年くらい一緒に過ごしただけだけど

矢野に出会えた事は一生忘れない!

 

どんな時でも

あいつが勇気をくれる!

 

生きてるんだろう!

たいしいたことないじゃん!

 

って

どこかからいつも声が聞こえる

 

ほんとに大事な人と

 

喧嘩なんてしちゃだめだよ!

一番大事にしないといけないよ!

一緒にいる時

どちらかがが先に逝くまで

 

なかよしでいようね!

 

矢野のこと思うとね

いつも

涙が出てくる・・・・・

 

30歳の夏 

 

人生、中々思い通りにはいかないもんだ

 

他人(ひと)が聞いたら笑える話、親友の死の巻!本人は真剣にやってるんだけどな~(泣)

 

 by涙もろいす~さん

yokohama-kannai.hateblo.jp

yokohama-kannai.hateblo.jp

 

yokohama-kannai.hateblo.jp

yokohama-kannai.hateblo.jp